英語を話す目的

外国人の友達を作る - 英会話の情報サイト「英語を話す目的」

英語を自然と

英語を自然と話せるようにするには、自然と耳にしていく事が大事になってくるのです。日本語の中だけで生きていくと、当たり前ですが、英語を勉強しているときだけ聞いてみる英語では聞き取りが出来ないですし、聞き取りが苦手になるのです。文法は出来るし、テストもわかるけれど、ヒアリングになってしまうとボロボロという結果になる人も少なくないのは、英語を耳にする事が少ないという現状なのです。日本は国としても島国で孤立しているので、外国人の往来が少ない事も英語を話す必要性が少ないという結果に繋がっているのです。

なるべくお金をかけないで、英語を耳にする機会を増やすために、一番いいのは外国人の友人を作るという事です。友人になる事で伝えたい事や理解したいという事が意識しないでも行えるようになってくるというところが一番のメリットになってきます。相手の気持ちを分かろうとすると話している言葉をしっかり聞き取ろうとしますし伝えたい言葉を調べたりする事で頭に残りやすいですし、友達と関わる事が楽しくなります。

友達との会話は極力英語で話す事を決めておいて日本語を教えたり英語を聞いたりする事でお互いに学べる関係になるのです。日本に留学して学校に大学に通っている人もいますし、日本で産まれ育ち日本語も英語も話せる人もいるのです。
しかし、このような外国人の人を友達として探すというのも難しいと思われますが、学生であれば大学に進学すれば選択する科目によって外国人の人と触れ合う機会の多い科目になったりします。また友人はアメリカ人でなくてはいけないという事はありません。仲良くなった友人がどこの国の人であろうと、関係ないのです。
他にもメールや電話でも繋がっていけるので旅行先で仲良くなった人とそのまま良い関係が続いていくという事になります。
メールなどは文章を作るので文法の力もつきますし、伝えようという気持ちがメールという時間に関係なく作れるので、自分のためにもかなり大きな影響となって実力に表れてきますし、友人と仲良くしていく事で英語力をどんな形で生かしていこうという思いにも変化があったり自分自身の成長にも繋がっていく事になっていくのです。