英語を話す目的

習慣にする - 英会話の情報サイト「英語を話す目的」

話す事が出来ない

話す事が出来ない、発音が難しい、聞き取る事が困難。このようなたくさんのイメージを英会話に関してもっている日本人が多いです。これは日本の教育の中で問題になっている事であり、正していかなければならない事です。
日本にいれば日本語だけで十分生活も出来ますし、英会話を必要となる事もないまま過ごせることは過ごせるのでこのような事になっているのでしょう。

ここ近年でやっと英語の授業が小学校からの必須になったのですが、これでも遅いですし、少し前では中学生で基礎から行っていたのです。これでは話せるようになるまでに理解して頭に入って自然と口にするまでに時間がかかりますし、いきなり、授業として始まるので難しいものというイメージがつきやすいのです。
学校でいい点数をとっている人でも実際に生かせる英会話が出来る人はほとんどいません。
逆に話せる人はどのような勉学をしているのか、生活の送り方などが気になります
が、話せる人は実際に留学を経験していた人や、親が英語を話すので、ちいさな頃から英会話を聞きながら育っているという環境の持ち主、英会話に興味をもち、映画なども字幕で見続けていた人など、習慣として毎日英会話を耳にしている人がほとんどなのです。実際に話している会話を聞いて、その会話の中で単語を聞き取り、理解して会話もわかるようになるように気がつくとなっていると言う人がほとんどなのです。それほど習慣は大事な事になっており、毎日聞く英会話の英語の地域によっても話し方に癖が出て来たりする事もあります。こだわりの無い人であればいいですが、ネイティブの英語を話したい人はそれ専用のテープなどを購入するといいでしょう。

リスニングだけであれば通勤中や通学中にも活用出来ますし、無駄な時間なく時間を活用出来る事も魅力的な習慣になってきます。すぐに身に付く事はありません。続けて習慣として行われ始めてやっと少しづつ結果として反映し始めるので、一日、単語を十個覚える習慣を作ったり、映画を一本字幕も吹き替えもなしで見たり、英語の小説などを調べながら読み切ったり、続ける事の出来ることを見つけて習慣にしていくと苦しむこともなく学べる時間に変わっていくのです。