英語を話す目的

外国人と触れ合う - 英会話の情報サイト「英語を話す目的」

日本という国は

日本という国は、最新国とよばれる国の割には、外国人が苦手な人が多く、話しかけられても困ってしまう人や、驚いてしまう人が多いのです。それは日本という国が言葉を日本語以外使おうとしなかった期間が長く、未だに取り入れられない環境になっているのです。英語が話せなくても問題なく暮らせる事も理由になってきます。島国なので外国人とよばれる異国の人が沢山往来する事がないので、日本に行こうと思っている人が日本にくるので、観光として有名な地域や、東京や大阪など栄えている地域へ遊びに行く外国人がほとんどなのです。なので外国人の人と触れ合ったり、知り合う機会も無い人も多く存在します。

そのような地域で育って大きくなった人はそのまま触れ合う事もなく苦手なままだという事はとてももったいない事です。そのような事も踏まえてもっとたくさんの地域でたくさんの人と触れ合う事のできる環境をつくることが国の運動としても大事な事でそれを行うのに学校などが協力的であれば、安心して行う事が出来るのです。
触れ合う行為はいろんな方法があります。外国人の先生を雇って学校へきてもらったり、英会話教室などを開校し、そこの地域に住んでいる外国人の人を教師として雇ったり、近くに米軍基地があればそこの学校の学生との交流を行ってみたり、方法は子供目線から大人になるまであるのですが、子供の間のほうが、たくさん選択肢があります。大人になってから交流となると難しい事もたくさんありますし、たくさんの人の協力も必要になってきます。

他にも地域のお祭りなどの参加にも積極的に活動する事で足を運んでもらいやすくなったりします。習い事などを踏まえて輪が広がったりする事もあるので、話せない、逃げるということではなく、話せなくても伝えようとしたり、関わっていく事で話せる言葉が増えたり、ヒアリングは出来るようになったり変わってくる事は増えてきます。英会話力を高めるにはこのような、耳にする環境や話をする環境、英語を話す環境が有るという事が早い成長に繋がってきます。
日本人の先生から教えてもらう事も確かなのですが、外国人の人と接して話そうとがんばるという事も伝える事にとても大きな意味があるのです。